マイカ・スピアは、知覚経験への素材の応用を研究する学際的なデザイン起業家であり、アーティストです。戦略的コンサルティング、アート、デザインおよびインタラクティブ・アーキテクチャにおけるデザイン思考の枠組みに基づき、マイカは、目的主導型のスタートアップ、そして現在進行中の概念的およびインタラクティブな取り組みにおける投資と顧問の役割に自身の視点を活かしています。マイカの彫刻作品、そして製作プロセスを記録した書籍は、日本で熱烈な支持を集めています。彼の作品はSO1ギャラリーで展示され、彼の書籍は東京にあるマーク・ジェイコブスの書店ブックマークとアンブッシュ・ショップで取り扱われており、日本のメディアにも掲載されています。また、彼は写真の個展も開催しました。マイカは、ゼネラルモーターズ、フェイスブック、LVMH、マイクロソフト、MTVなどのフォーチュン100社にサービスを提供する統合デザイン研究コンサルティング会社のSightfulを共同設立し、同社のデザインディレクターを務めました。また彼は、「旅行の未来を再考し、旅行分野にさらなる進歩をもたらすためのアイデアとイノベーションを探求する」ために集まったグループであるファスト・カンパニーのクリエイティブ・ブレーントラストの一員です。神経行動学的健康、技術、航空宇宙、専門農業など他分野への投資に加え、マイカは「簡素」な伝統的農法を用いる日本の飲料メーカーであるキミノのデザイン顧問も務めています。献身的な博学者であるマイカは、メリーランド・インスティテュート・カレッジ・オブ・アート (MICA)、パーソンズ美術大学、コロンビア・ビジネス・スクール、1998年度スペースキャンプで教育を受けました。米コネチカット州北西部の田舎で生まれ育ち、ニューヨーク、東京、そしてニューイングランドの森を行き来しています。アーティストとして、デザインと彫刻への愛情を持つマイカは、ニューヨークにあるノグチ美術館の役員であることを大変光栄に思っています。
© MICAH SPEAR
Teacult®