マイカ・スピアは、そのキャリアと人生を通じて、私たちが気持ちを通い合わせ、自分自身を経験するための様々な方法を探求してきました。アートとデザイ ンのアカデミックなバックグラウンドに端を発する彼の仕事は、複数の専門分野を横断するものでした。建築に携わり、複雑なビジネスへ助言を与え、初期のスタートアップ企業への投資や映画の制作を行い、さらには学際的なアーティストとしての活動を続けてきています。 スピアは、そのクリエイティブな世界を探求する幅広いアプローチによりサイトフル社(Sightful)の創設者の一人となり、デザインディレクターも務めることになりました。同社は、フォーチュン誌による「働きがいのある会社」ランキング100社の企業がデザインを中心とした思考を企業プロセスに統合し、複数のハイレベルな製品を発売するのを支援することを専門としています。彼は、Fast Company Magazine誌のCreative Braintrustのメンバーにも選ばれました。これは、「旅行の未来を再考し、旅行のさらなる飛躍を鼓舞するためのアイディアとイノベーションを探求する」ために結成されたグループです。 スピアは、相互運用可能な通信技術分野で、ナッツバターメーカーの Justin's(Hormelが買収)や日本の名産品飲料メーカーKimino Drinks、消費者向けパッケージ商品の神経行動学的ウェルネス企業 PYMやBloomFarmsなどの食品・飲料企業の顧問投資家としての役割を担ってきました。 アーティストとしてのスピアの彫刻作品とその制作過程の記録は、日本でも人気を博しており、SO1ギャラリーでの展示や、マーク・ジェイコブスが手がけるブックマーク東京、アンブッシュショップでの著書の出版など、日本のメディアでも紹介されています。また、アメリカでは写真と映像の個展を開催しました。 サービスデザインおよび統合デザインを学んだパーソンズ・スクール・オブ・デザイン、またバーモントのイエスターモロー・デザイン・ビルド・スクールで磨いたスキルを使い、スピアはキャリアの早い段階から、ニューヨーク市にて多数の商業および住宅建築環境の制作を支援しています。また、パーソンズの親大学であるニュー・スクールでは、ユージーン・ラング・カレッジ・オブ・リベラル・アーツにて環境科学も専攻していました。ニュー・スクール在学中にはコロンビア・ビジネス・スクールでビジネス戦略を学び、それ以前はメリーランド・インスティテュート・カレッジ・オブ・アートで学んでいます。 ビジネス的判断力と芸術への繋がりを合わせ持つ彼は、ブロードウェイで上演予定の「英国王のスピーチ」やインディペンデント映画「Colewell(原題)」(インディペンデント・スピリット賞に2部門でノミネート)のエグゼクティブプロデューサーを務める結果となりました。 コネチカット州北西部で育ったスピアは、ニューヨークと日本の東京を行き来しています。そのデザインへの観察眼と文化的コミュニケーションの形式的様式の傾倒により、彼は日本の温泉での現代的なお茶体験、特にそれを伝える建築的な要素に情熱を注ぐようになりました。インスタグラムのビジュアルダイアリー(@micahspear)では、そのハイライトを見ることができます。